SUBARUロゴ

INTERNSHIP

セールス

Sales

お客様のカーライフをより良く
より充実してもらうため

2020年入社 セールス

奥野 直人NAOTO OKUNO

BEGINNINGお客様に1番オススメできるクルマ、
自信を持ってそう言えるから

「人と末永くお付き合いできる」仕事に就きたいと思い、その中でも自分の好きな「クルマ」を通じてお客様と関わっていきたいと考えたのが、自動車業界に興味を抱いたきっかけでした。
自動車業界の中でスバルを選んだきっかけは「お客様に一番おススメできるクルマ」だと思ったからです。
父は私が幼いころからスバルのクルマに乗っており、学生の頃は父のクルマを借りてアウトドアや旅行に行きました。レンタカーも何度か利用したのですが、疲労感の少なさや視界の広さが他のメーカーと大きく違い、「スバルのクルマは本当に運転しやすい」と感じました。
また、現在はどのメーカーでも安全装備が標準装備される中、スバルの「アイサイト」は唯一ステレオカメラを使った視認性の高さがあります。その他、「四駆といえばスバル」「走りといえばスバル」など他のメーカーにはない特徴を持っているので、お客様に一番おススメできるメーカーだと思いスバルにエントリーしました。

BEGINNING

WORK私たちの提案が
より良いカーライフに繋がる

セールスとして、新車の販売やお乗り換えのご提案、整備のおすすめ作業や自動車保険などのご案内を通し、「お客様のよりよいカーライフ」をトータルでご提案することがセールスの仕事です。
ただ、強引にご提案をするのではなく、お客様との雑談を通して現在のご使用環境や今後のご要望をお伺いし、未来のカーライフをより豊かにするための「アドバイザー」としてお客様と接しています。
入社前はセールスの仕事は「個人プレイ」というイメージがありました。お客様へのご提案や対応すべてが、自分一人で完結する仕事だとも思っていました。しかし、実際は「チームプレイ」であると今は感じています。
私「個人」でお客様に接するよりも、スタッフが「チーム一丸」となってお客様のカーライフをサポートすることで、よりお客様にご満足いただける仕事だと感じることがたくさんあります。
今のわたしの一番のやりがいは、わたしたちの提案で”お客様の考え方に働きかけることができる”ということです。お客様の満足につながり「奥野さんでよかった」と言っていただいた時にはこの仕事をやっていて良かったと思います。
もちろんそれまでの過程で、資料作りやクルマについての勉強が必要な仕事ではありますが、努力の成果が出た時の喜びは非常に大きいものです。

WORK
宮城スバルっていいね

わたしの「宮城スバルっていいね!」

宮城スバルは社員同士の距離感が近く、仕事のことでもプライベートなことでも相談しやすい職場です。
他店とのコミュニケーションや情報伝達がしやすく、同じ方向性で仕事をしていると感じます。
各店舗の地域の特色を生かし、試乗コースや店舗のレイアウト等においても私達スタッフの意見や想いを反映して頂けるので、自分の考えを伝えやすいと思います。
また、東北地区スバルグループの中心を担う会社ですので、新型車展示やイベントなどで他県からも多くのお客様がご来店されます。県内外の様々な方とコミュニケーションを取ることができるのは私にとって大きな魅力の一つです。

HOLIDAY有給休暇を使って仕事と休みの
バランスをちょうど良く

春夏はキャンプ・冬はスノーボードなどに月に何回か出掛けます。お客様におススメのアイテムやスポットなどを教えていただき訪れることも増えてきました。
平日休みなので混雑もなくほぼ貸し切りのようになることも少なくありません。友人は土日休みが多いですが、予定がある際は後から合流したり、有給休暇を使ったりとうまく調整しています。最近では、なかなか会えない友人とリモートで近況報告しあったりと土日の仕事終わりの楽しみも増えています。
宮城スバルは毎週火曜日・水曜日が定休日で、自動車ディーラーとしては珍しい週休二日制のため、有休を使って長めにお休みを取ることも可能なので、仕事と休みのバランスがすごく取りやすいと感じています。
ゴールデンウイーク、夏季休暇、冬期休暇もまとまって取れるので、海外への旅行などもいつか行ってみたいです。

HOLIDAY

EPISODEわからないことをすぐに聞きに行ける、
思いやりのある職場

入社してからずっと感じていることではありますが、同僚も先輩の方も「思いやりがある」と感じています。
私は入社前、クルマは好きでしたが、まったくと言っていいほどクルマの知識はありませんでした。同期は皆クルマ知識がある中、
私自身遅れを感じていました。しかし、研修の休憩中も雑談をしながらクルマについて基礎的な部分から教えて頂きました。
先輩方は、配属された後に一度教えて頂いたことを何度聞いても丁寧に教えてくれ、不安そうにしていると必ず声をかけてくれました。入社時に社長に「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」とお言葉を頂きました。困ったこと、わからないことを一人で抱えていたって仕方のないことです。
今では声をかけて頂く前に自ら聞きに行くようになりました。

EPISODE
宮城スバルセールス奥野目標

多くの人から愛される自分でいる

「誰かにとってかけがえのない人間」になりたいと思っています。お客様からだけでなく、会社や家庭、友人、私の人生に携わる方にとって、「奥野さんでよかった」「奥野君に任せたい」とそう思って頂けるように、日々の業務・生活・趣味などに誠心誠意向き合っていきたいと思っております。

MyGole

クルマと一緒に
自分も売り込んでみませんか
MESSAGE

宮城スバルセールス矢島 就活生にメッセージ

まずは、このページをご覧いただきありがとうございます。

さまざまな社会情勢の変化の中、
これからの将来に不安な気持ちがないという人は少ないと思います。

自動車業界も多くのメーカーとの競合や電動化の流れに伴い、大きな変革期を迎えております。
ただ、その中でも変わらないことは「人と人」がつながる仕事であることです。
今は通販などの「人と機械」の仕事が多くなってきています。
自動車の購入を決断することは非常に難しいです。
しかし、その決断を後押しするのは私たち「人」でしか行うことができません。
人の動力源は「感情」です。

一生懸命に仕事をすると人に必ず伝わります。
「クルマ」と一緒に「自分」を売り込んでみませんか。

DAILY SCHEDULEある1日のシゴト

ある1日のシゴトタイムスケジュール
ある1日のシゴト

PERSON宮城スバルのヒトを知る

  • 宮城スバルセールス佐藤 遥

    信頼こそ全て。
    一人ではできないことを
    チームで実現していく。

    2018年入社セールス

    佐藤 遥HARUKA SATO

  • 宮城スバルセールス佐藤 竜生

    責任を持って
    取り組むことで得た
    お客様からの信頼。

    2016年入社セールス

    佐藤 竜生RYUSEI SATO

  • 宮城スバルメカニック大久保 良平

    自分の挑戦に
    協力してくれる仲間がいる。

    2012年入社メカニック

    大久保 良平RYOHEI OKUBO

  • 宮城スバル営業アシスタント佐藤 友香

    お店を一つにまとめられる
    存在になりたい

    2016年入社営業アシスタント

    佐藤 友香YUKA SATO

  • 宮城スバルサービスフロント宮下 卓也

    お客様からも他の社員にも
    信頼されるような
    スキルを身につけたい。

    2011年入社サービスフロント

    宮下 卓也TAKUYA MIYASHITA

VIEW MORE

interview